トップページ > 学校案内 > 進路指導

進路指導について


 本校の生徒たちは、将来の社会的・職業的自立を目指して学校生活を送っています。卒業後には持てる力を存分に発揮して職業人として働けるよう、また自立した豊かな生活を送れるように、入学時より日々の学習に励んでいます。

 そして、生徒たちは3年間を通して計画している就業体験を積み重ねる中で、特に、自分の苦手なところを知り、それを克服する力を身に付けて行きます。学校で身に付けた力は、企業現場での就業体験により、はじめて生かされると考えております。

 上記のような考え方のもと、学校周辺からさらにエリアを広げながら、就業体験を受け入れていただける企業を開拓中です。

就業体験の趣旨


 (1) 就労に対する意欲を育て、社会自立・参加に向けての力を養う。

 (2) 職場での決まりを知り、社会人としての心構えや働くことの意義を学ぶ。

 (3) 生徒自身が自らの進路を見つめ、決定していく機会とする。


就業体験の時期と目的、等  ※時期は現在の予定です


1年生(自己理解)…働くことの意義や喜びを知る


時期 10月に5日間
備考 校外研修 会社で働く人の姿に触れるとともに、“就労に大切なこと”について話しを聞く
校内実習 職場見学で学んだことを意識して、専門教科&実習に取り組む

2年生(自己選択・決定)…就業体験から、自分で将来の職種を選択できる力をつける


時期 7月に5日間、10月に5日間
備考 進路相談 生徒、保護者そして学校が、3年生の学校生活、就業体験について懇談する

3年生(自己決定・確立)…作業内容、職場の雰囲気、通勤時間等を考慮して、企業の理解を求め雇用へとつなげる


時期 6月に2週間  ※3年生は随時実施する場合があります
備考 求職登録 自分の希望を職業安定所に報告する
移行支援 ハローワーク、働き・暮らし応援センター等に助言をいただきながら、卒業後の就職や地域での生活について考える

▲ このページのトップに戻る